• 椅子から立ち上がった時に膝が痛む
  • 長い距離を歩くと膝が痛くなる
  • 階段の昇り降り、特に降りる時が痛い
  • 床に落ちているものが拾えない
  • スポーツを思い切りできない
  • 病院で人工関節の手術をすすめられた
膝の痛み1

膝が痛いのって本当に辛いですよね。
体重を支える膝関節に痛みがあると日常の多くの動作で痛みが起こり、また「歩く」という生活する上で必要不可欠な動作に支障がでてきます。
 
上記のような症状でお困りの方は、ぜひ最後までお読み下さい。

つらい膝の痛みでお悩みの方へ

私は治療家になってから18年、多くの膝関節の痛みで苦しむ方を診てきました。
膝の曲げ伸ばしができなくなって、床に落ちているものも拾いにくい。長く歩くのは無理だし、階段も痛みを我慢して一段一段手すりを持ってゆっくり降りるしかできない。

旅行にも行きたいけど、旅行先のトイレや食事の場所(座敷)などが心配で他の人に迷惑をかけてしまうから行けない・・・
病院で注射(ヒアルロン酸)や膝の水を抜いたり治療を定期的に通っていたが良くならず、最後は「人工関節も考えておいて下さい」と言われて嫌になった・・・などの声を聞いてきました。

膝に痛みを起こす疾患には

変形性膝関節症

日常の生活動作などからおこる

外傷性膝関節症(半月板損傷、靭帯損傷など)

スポーツなど膝に急激な負担をかけた時におこる

関節リウマチ、神経症性関節症、骨壊死など

その他の病的な要因でおこる

などがあり、病院でレントゲンやMRIなどの画像診断を受けると、これらの診断名をつけられることが多いです。
病的な要因の場合は専門医での治療が必要になりますが、変形性膝関節症・外傷性膝関節症などで痛みが、なかなか改善しない場合は膝も含めた全身の整体治療で軽減、治っていく可能性は十分にあります。

その中でも多くの方が苦しむ「変形性膝関節症」について説明させていただきます。

変形性膝関節症とは

変形性膝関節症は膝の関節の軟骨が傷つくことで、関節に炎症がおこり痛みが生じる疾患です。日常生活にともなう膝痛の多くは変形性膝関節症と言われています。

変形性膝関節症の特徴

50歳以上の男女、特に女性に多く見られます。
膝関節は簡単に言うと一本の骨の上にもう一本骨が乗っている構造で、その結合部分を強力な靭帯と筋肉で保持しています。加齢などの影響でその支えている筋力の低下で保持する力が弱まると角度が変わってきて、骨の間にある軟骨の一部分に負担がかかり炎症を起こしてしまいます。

変形性膝関節痛の起こる原因って?

  • 太ももの筋力低下(膝関節を正常な位置に保持できない)
  • 体重の増加
  • O脚、X脚など姿勢の悪化
  • スポーツなどによる反復、過度な衝撃

さかとう整骨院で膝の治療

問診・検査によって膝の痛みがおこる角度、痛みの状態を把握し、膝に限らず足のアーチ、足関節、股関節なども含めた全身のチェックをおこないます。また生活習慣、仕事環境などの状況をお聞きした上で膝に負担をかけている原因を探し出していきます。
膝の痛みの問診
変形性膝関痛の場合は足のアーチや足首などの柔軟性の消失や股関節を含めた下肢のアライメントの悪化の可能性が考えられます。その場合は足部、股関節の調整を行い、正しい膝関節の動きができるように施術していきます。
膝の痛み2

どうして膝の痛みなのに全身を診るのか?

膝に限らず痛みのおこっている場所は、別の場所になにか原因があって、その事でおこってしまっている結果です。ですからその痛みを引き起こしている原因を見つけて治療していかないと根本的な治療にならないので全身を診させていただいております。
膝の痛み3

どれくらいで変形性膝関節痛は良くなるの?

膝関節は立っている時、常に荷重のかかる箇所なので一回の施術で完治する事は難しい場所です。ただし股関節や足関節も含めて正しい関節の動きをつけ筋力のバランスをとっていくことで確実に痛みは軽減していきます。

1~5回の治療時期で痛みの起こらない状態にしていき、その後は再び膝痛の起こらない体を維持するために、月一回くらいのメンテナンスの治療を続けていく事が望ましいです。

変形性膝関節症は痛みのため、あまり歩かなくなり、足の筋肉が弱ってきます。膝を支えている筋肉が弱くなるとさらに膝の負担は増えてしまいます。このような悪循環を防ぐためにも早めの治療が必要になります。膝の痛みでお悩みの方は是非ご相談下さい。

膝関節の痛み6