膝の痛み

都島の皆様!このようなお悩みはありませんか?

  • 痛くてしゃがめない
  • 膝の周りがピリピリ電気が走ったように痛い
  • 膝を曲げるとゴリっとした音が鳴る
  • 膝の裏が痛くて腫れている
  • 半月板の損傷で手術をすすめられた

何年も膝の注射を続けているけど、良くなっていない…

膝の痛み

膝が痛いのは本当に辛いですよね。

膝は体重をまともに支える関節ですから、日常生活もままならないです。

 

つらい膝の痛みでお悩みの方へ

私はこの20年、多くの膝の痛みで苦しむ方を診てきました。

膝の曲げれないので、床に落ちているものが拾えない。

階段も手すりを持ってやっとこさで降りる。

膝が痛い

旅行に行きたいけど、トイレや食事の場所(座敷)が心配で、他の人に迷惑をかけてしまいそうで自信がない…。

病院で注射していたけどなかなか良くならず、最後は「人工関節も考えておいて下さい」と言われ…手術は嫌で、それから病院にも行っていない。

膝の痛みの種類は

加齢、日常の生活動作からおこる
変形性膝関節症

スポーツなどで急激な負担をかけた時におこる
外傷性の膝関節症(半月板損傷、靭帯損傷)

病的な要因の
関節リウマチ、神経症性関節症、骨壊死

があり、MRIなどの画像診断を受けると、これらの診断名をつけられることが多いです。

膝関節

手術をしなくても膝痛は軽減する可能性はある

病的な要因の場合は専門医での治療が必要になりますが、変形性膝関節症・外傷性膝関節症などは全身の整体治療で軽減、治っていく可能性は十分にあるんです。

その中でも多くの方が苦しむ「変形性膝関節症」について説明させていただきます。

 

変形性膝関節症とは

ある特定の膝の部分に力が長くかかって膝の軟骨が傷つき痛みが起こる疾患です。

膝の模型

日常生活にともなう膝痛の多くは変形性膝関節症と言われています。

変形性膝関節症の特徴

50歳以上の女性に多い。

膝関節は一本の骨の上に、もう一本骨が乗っている構造で、まわりを強力な靭帯と筋肉で支えています。

その支えている筋力が低下し、骨の間の軟骨の一部に負担がかかり炎症を起こしてしまいます。

膝の痛み カウンセリング

変形性膝関節痛の起こる原因って?

• 太ももの筋力低下(膝関節を正常な位置に保持できない)
• 体重の増加
• O脚、X脚など姿勢の悪化
• スポーツなどによる反復、過度な衝撃

膝の痛み 検査

さかとう整骨院の膝の施術

なぜ膝に痛みがでるようになったのか?

膝に痛みがでているということは、でているなりの理由が必ずあります。

膝の痛み カウンセリング

その理由を解決せずに、痛み止めの注射や水を抜いても解決になりません。

雨漏り対策にバケツを置いてしのいでいる感じ。本当は屋根の修理をしないといけないのです。

ピドスコープで土台の足元からチェック

当院ではカウンセリングとピドスコープを使った足の荷重測定・検査によって、膝にかかる負担を考えます。

膝の痛み ピドスコープ検査膝の痛み ピドスコープ 足裏

また生活習慣、仕事環境などの状況をお聞きした上で膝に負担をかけている動作を特定していきます。

多くの変形性膝関痛は足首や足のアーチの硬さ、股関節、下肢のバランスの悪さで骨の軸が捻じれたり、ズレが出ている可能性があります。

その場合は足部、股関節の調整を行い、正しい膝関節の動きができるように施術していきます。

どこかのシワ寄せで痛みがおこる。

膝に限らず痛みというのは、別のどこかが原因でおこっている「ひずみ」です。

要はどこかに歪みやズレがあって、それが原因で衝突してしまう部分が痛みとして感じます。

膝で言うと、足のつき方が悪いことで土台に傾きが起こってしまい、そのシワ寄せで膝に痛みが起こります。

そういう理由から、膝にこだわらず全身を診ないといけないのです。

膝の痛み 検査

どれくらいで変形性膝関節痛は良くなるの?

膝は常に体重のかかる場所なので、一度の施術で完治する事は難しいです。

ただし股関節や足関節も含めて、正しい関節の動きをつけ筋力のバランスをとっていくことで確実に痛みは軽減していきます。

膝の痛み 検査

1~5回の施術で痛みの起こらない状態にしていき、その後は再び膝痛の起こらない体を維持するために、月一回くらいのメンテナンスの施術を続けていく事が望ましいです。

 

膝を支えている筋肉が弱くなるとさらに膝の負担は増えてしまいます。

このような悪循環を防ぐためにも早めの治療が必要になります。

膝の痛みでお悩みの方は是非ご相談下さい。

 

(柔道整復師 阪藤賢一 監修)