スポーツ障害

都島の皆様!このようなお悩みはありませんか?

  • 早く練習に復帰したい
  • 体の疲労がなかなかとれない
  • ケガのリハビリをしたい
  • テーピングの方法を教えて欲しい
  • 試合までの調整方法を教えて欲しい

サッカーをしている写真

次の試合に間に合わせたい!

こんな悲痛な想いで来られる患者さん

診てみると…もっと早く来てくれていたら…
大事な試合だから…なんとかしてあげたい。

万全とは言わないけど、できるかぎりで送り出す。

本当は、思いっきりプレーできるところまでもっていきたかったけど。

スポーツのケガについて

スポーツにケガはつきものと思っていませんか?

サッカー、野球、陸上にテニス、スポーツをしていれば、ケガをすることはたしかに多いです。

足に痛みのある女性の写真

ですが、多くのケガの原因は疲労やコンディション不足にあります。

ハードな練習をし過ぎて、体がついて行けずケガをする。子供さんだと、個々に体格も成長速度も違うのに、一律的な練習を続けていった結果、どこかで故障してしまう。

 

病院はケガをして初めて行く

当たり前ですが、ケガをして初めて治療に通うことになります。

スポーツのケガって一度するとけっこうやっかいなんですよね。

競技にもよりますが、スポーツのケガはどうしても同じ動作を繰り返す事が多いため、再発も多いのが特徴です。まさに古傷として残り、アキレス腱となってしまいます。

足の骨折レントゲン写真

ケガはしないに越したことはない

じゃあ、ケガをしないためにはどうするのがいいのか?

スポーツのケガを予防するには?

ケガを予防するには体の状態を診る専門の人が必要

それって病院の先生でしょ?と思われるかも知れませんが、そうではなくてケガをする前の段階からケガをしないように診る専門化が必要なんです。

スポーツトレーナーの写真

技術を教える人はいても、体のケアの指導者がいない

車の定期検査、車検ではないですが、定期的に体をみて調整する。

これがケガを未然に防ぐ一番の方法でないかと思います。

走れなくなったからと言って、部品の交換や乗り換えはできないからです。

痛みを相談できない環境も問題

ケガをした選手に、なんでこんなになるまでほっておいたの?と聞くと

ケガをしてると言ったら試合に出してもらえない

と言って、監督やコーチに黙っていることが多いんです。でもそれは指導者が悪いわけでなく、そう言う環境が悪いんだと思います。

 

感覚(センス)でスポーツをしている

私は常々思います。

どういう動きをしたいのか?

どんな動きが多い競技なのか?

を聞けば感覚で指導されていることを通訳してあげる。勘違いしている動きを正してあげる。

都島 さかとう整骨院のスポーツコンディショニング

多くの選手は感覚、感性で動きをマネして練習しています。

たまたま、これまでケガをしなかっただけで、競技レベルが上がってきて、良いパフォーマンスを出そうとすると、それに応じた技術、その動きをおこなう為のトレーニングが必要になります。

そして一番大事なのは、その動きを問題なくおこなえるような、体の状態にすることです。

 

選手の立場に立ってアドバイスできる味方

選手が体に少し不安を持った時に本音で相談できるトレーナー。指導者でない、選手側の気持ちに立った味方が必要なんです。

 

頑張るのと、無理をするのとは違う

学生の場合はどうしても、ハードな練習をし過ぎて無理をしながらでも頑張ってしまう。

疲労も溜まり、無理を重ねてきた結果、どこかに痛みが出てきて、それをかばってさらに痛くなる。

そうならない為には、結局のところ、予防に力を入れたコンディショニングとペース管理が大切なんです。

都島 さかとう整骨院のスポーツコンディショニング

さかとう整骨院のスポーツ障害施術

ケガの大きな要因は体の硬さ

毎日頑張って、ストレッチもやっているけど体が硬い。そしてむやみに筋トレするからさらに硬くなってしまう。

体がかたい人の画像

ケガの多くは

関節に無理な負荷がかかったねん挫

疲労した筋肉に無理な負荷がかかった肉離れ

同じ箇所に何度も負荷がかかっておこる疲労骨折など

 

これらを防ぐには、それに耐えうる状態に関節と筋肉にしないといけません。

シンプルに言うと

関節の可動域を上げる

筋肉の柔軟性を上げること

さかとう整骨院 ストレッチの写真

これがケガをしにくい体づくりの基本となります。

 

さかとう整骨院のスポーツ障害施術は

まずは下半身の関節、特に股関節、足首、足指の動きに注目します。

都島 さかとう整骨院のスポーツコンディショニング

続いて上半身の肩関節、肘、手首の可動域が正常範囲を超えて動くようにします。

都島 さかとう整骨院のスポーツコンディショニング

下半身、上半身と調整すると、体幹の動きも良くなってきます。

筋肉は関節を動かすためにあるものなので、同時に施術になります。

 

今の体の状態を把握

まずは荷重検査

都島 さかとう整骨院 ピドスコープの写真都島 さかとう整骨院 ピドスコープの写真

ピドスコープで体の重心、荷重をチェックします。土台になる足元が安定しないと、どこかに必ず負担が出てきます。

 

その後、バランスの悪くなっている筋肉、関節を調整するために、炭酸を用いた整体をおこないます。

都島 さかとう整骨院のスポーツコンディショニング

Straction-Beltで支点を一つ増やすことで、関節まわりにかかる力を抜いてもらった状態で施術できたり、ピンポイントで狙った筋肉だけを伸ばすことができます。

都島 さかとう整骨院のスポーツコンディショニング

状態に合わせて、PNF、リアライン・コア、筋膜リリースなどの施術を合わせておこないます。

都島 さかとう整骨院のスポーツコンディショニング

コンディションによってはテーピングをして、関節の負担を軽減させます。

都島 さかとう整骨院のスポーツコンディショニング

膝のテーピングの写真

膝の固定テーピング

足首の固定テーピングの写真

足首の固定テーピング

 

それはわかっているけど、費用が…。

わかっているけど、ケガもしていない体の予防にそこまで費用もかけられない。という選手のご父兄の声を聞くのも事実です。

そこで、さかとう整骨院では学生さんがケガの予防のために通っていただきやすいように特別に学割制度をもうけています。

都島 さかとう整骨院のスポーツコンディショニング

これから、本格的にスポーツに取り組む方、後悔なく思いっきりスポーツを楽しみたい方は一度ご相談ください。

 

(柔道整復師 阪藤賢一 監修)