交通事故の施術について

都島の皆様!このようなお悩みはありませんか?

  • なかなか痛みが治らず困っている
  • 帰りが遅く、病院の受付時間に間に合わない
  • 後に痛みが残らないか心配
  • ちゃんと補償してもらえるか心配
  • 保険会社とのやり取りが、わずらわしい

都島交通事故施術説明

200人に1人が交通事故にあう

交通事故は起こしても起こされても大変で、できれば経験したくないモノです。

しかし、実際さかとう整骨院のある都島でも交通事故は多く、最近の事故の負傷者は年間で約60万人。じつに200人に1人が一年のうちに交通事故にあってしまう計算です。

「自分は車に乗らないから大丈夫」と思っていても、自転車との事故のケースも多くなっています。

都島さかとう整骨院交通事故施術説明

最初の対応を間違えて、思うように施術に通えず、後に残る痛みで悩んでいる方もいらっしゃいます。

都島さかとう整骨院交通事故施術説明

交通事故の際は以下の「交通事故施術のながれ」を参考にしてください。

交通事故施術のながれ

①事故にあった場合はすぐに警察へ!

交通事故が起きた場合は、すぐに現場の所轄警察に連絡事故証明をとりましょう。

事故証明をあげてもらわないと、保険などの補償が受けられません。

ご自身が加害者の場合でも必ず届けを出すようにしましょう。

事故現場 警察

その場で示談や物損事故として済ませてしまうと、あとから痛みが出た場合など補償を受けられないので注意が必要です。

 

➁加害者の所在確認をしましょう

確認すべき加害者の情報

・氏名
・住所
・電話番号
・免許証
・車の車種・ナンバー

免許証

免許証を撮影しておくと良いでしょう。

 

③交通事故の現場の記録を残しておく

携帯カメラで色々な角度から、車の状態や現場の状況の写真や動画を撮っておくと良いでしょう。ドライブレコーダーだけでは不十分なことも多いのです。

スマホで撮影する

目撃者がいる場合は連絡先を交換しておくといいです。第三者の目撃証言は後からとても重要になります。

 

④保険会社に連絡

被害者の場合でも、ご自身の加入されている保険会社に連絡をするようにしましょう。

電話をかける女性

専門的な用語も多く、わからないままに判断しないようにしてください。

 

⑤事故後はすぐに医療機関へ

事故直後は緊張と興奮であまり痛みを感じないこともあります。

しかし、翌日や数日たってから痛みがでるケースもあります。

また事故から日数がたつと、事故との因果関係もわからなくなりますので、必ず病院へ行って事故後の体の状態を確認をするようにしてください。

診察を受ける女性診断書

病院では医師に診断書の発行をしていただくようにしてください。

 

⑥事故証明・領収書の保管

事故証明、病院の領収書など書類は、事故の補償を受けるための大切なものになりますので、コピーをとって保管するようにしてください。

領収書

 

さかとう整骨院の交通事故施術

全身の施術をおこないます。

交通事故のような大きな衝撃が体に加わった場合は、診断書に書かれた部分以外にも痛みが出てくることがあります。

さかとう整骨院では診断書に書かれている当初の痛み以外でも、事故に関連して起こったと思われる痛みも合わせて施術をおこないます。

短期間での復帰を目指します。

痛みが長引くと肉体的な苦痛だけでなく、思うように仕事ができないなどで精神面のストレスも大きくなります。

そうならないためにも、できるだけ短い期間で施術が終われるように、しっかりサポートさせていただきます。

交通事故の施術

交通事故施術に関するQ&A

交通事故施術の料金はかかりますか?

交通事故の場合は自賠責保険適用となりますので、患者様のご負担はありません。

 

整骨院と病院との併用は可能ですか?

可能です。
症状の経過の画像的な所見、医師の診断など他の医療機関とも定期的な連携をとって治療していきますので、病院との併療をお勧めしております。

 

現在通院している病院から転院はできますか?

できます。
仕事で診療時間に間に合わないなどの理由で転院されてくる方もいらっしゃいます。

 

自賠責保険を使う場合の手続きは複雑ですか?

保険会社に連絡をするだけで、特に複雑な手続きではありません。

 

弁護士の紹介などはしてもらえますか?

ご希望があればご紹介させていただきます。

お体の辛い状況で、全ての交渉を行うことは大変ですので遠慮せずにご相談ください。

【さかとう整骨院 推薦弁護士事務所】
大阪市北区西天満1-2-5 大阪JAビル8階
ラポール綜合法律事務所 代表 大西弁護士 

 

その他、交通事故施術に関する事で不明等ありましたらお尋ねください。

 

(柔道整復師 阪藤賢一 監修)