交通事故(自賠責保険)治療の患者様へ

交通事故は起こしても起こされても大変で、できれば経験したくないモノです。しかしながら交通事故の負傷者は年間60万人にものぼり、これは200人に1人が一年のうちに交通事故にあってしまうという計算になります。

交通事故

交通事故に遭われてこんな事でお悩みではないですか?

  • 病院でレントゲンやMRIを撮って骨には異常はないと言われたけど痛みがある
  • 全治2週間の診断を受けたが、2週間経っても痛みがまだ取れない
  • 仕事が忙しく整形外科の診察時間に間に合わない
  • 保険会社とのやりとりがややこしい

不運にも事故に遭ってしまい仕事の忙しさなどで治療にしっかり通えず、後遺症で悩まされたりするというケースもあります。

そんな後遺症で悩まされないように、当院では事故に遭われた患者様のお仕事などのスケジュールを考慮した治療計画を立てて、1日でも早く痛みのない生活に戻れるようにしっかりサポート致します。

 

体全体の治療をおこなうことで、とにかく患者様の早期回復を目指します

一般的には交通事故の治療は医師の診断書のある部位にしか行う事ができませんが、それだけではなかなか良くならない場合もあります。

当院では診断書の部位以外でも、今の症状に関連していると思われる部分に関しては合わせて治療をおこない、体全体のバランスを整えて治療します。

痛みが長引くと肉体的な苦痛だけでなく精神面でのストレスも大きくなり、お仕事にも集中できない期間も長くなってしまいます。
そうならないためにも、できるだけ短い期間で治療が終われるように、しっかりサポートさせていただきます。

 

交通事故治療開始までの流れ

1.警察への届け出

事故が発生してしまった場合は速やかに、事故発生現場の所轄警察所へ連絡し、人身事故扱いの手続きをおこなってください。

警察へ届出

 

2.診断書の発行

病院や整形外科などを受診し、診断書を発行してもらってください。
交通事故の治療を受けるには医師の診断書が必要になります。診察の際、痛みがある時は痛みの箇所をしっかり説明しておいて下さい。(交通事故は受傷日にはそれほど痛みを感じていなくても、翌日などに痛みが出てくる場合があります。)

診断書の発行

 

3.保険会社に連絡

相手保険会社に通院希望する病院、整骨院名をお伝えください。
保険会社に連絡
 

4.当院へお越しください

あらためて事故での受傷状況、診断書を確認させていただき、お身体の状態を診させていただいた上で施術方針、回復までの治療計画を説明させていただき治療を開始いたします。

 

治療経過を診ていく必要性もありますので、病院の定期的な受診もしていただきながら治療をすすめていきます。

 

当院へお越し下さい

交通事故治療に関するQ&A

治療費はかかりますか?

交通事故の場合は自賠責保険適用となりますので、基本的には患者様のご負担はありません。
*過失割合等で一部例外はあります。

他の医療機関との併用は可能ですか?

可能です。症状の経過の画像的な所見、医師の診断など他の医療機関とも定期的な連携をとって治療していきますので、病院との併療をお勧めしております。

現在通院している医療機関から転院はできますか?

可能です。現在の病院への診療時間に間に合わないなどの理由で転院されてくる方もいらっしゃいます。

自賠責保険を使う場合の手続きは複雑ですか?

保険会社に連絡をするだけで、特に複雑な手続きではありません。
また当院では交通事故に詳しい弁護士と提携をしていますので、ご希望があればご紹介させていただきます。お体の辛い状況で、全ての交渉を行うことは大変ですので遠慮せずにご相談ください。(弁護士特約にご加入でしたら無料で対応もしていただけます。)

その他、交通事故治療に関する事で不明等ありましたら受診の際にお尋ねください。