PNFってなに?

PNFとはProprioceptive Neuromuscular Facilitation(プロプリオセプティブ・ニューロマスキュラー・ファシリテーション)の略で、固有受容性神経筋促通法と訳します。

体のセンサーを高めて動きをよくする療法

少し難しいのでおおまかに言うと、体中にある様々な感覚のセンサーを刺激して、神経の伝達、筋肉の働きを高め体全体の状態を良くして療法です。
もともとは脳血管障害などのリハビリ法として多く用いられてきましたが、最近では運動機能障害の治療やスポーツでのパフォーマンスの向上、ケガの予防など様々なシーンでも用いられるようになってきました。
PNF療法1

筋肉と神経のつながりの感覚をよくする事で、今まで動かしにくかった筋肉が動きやすくなったり、硬くなってしまった関節の可動域が拡がってきます。また弱くなっていた皮膚の感覚もよみがえってきます。

運動をされている方などにも最適で、体全体の筋肉のバランスが良くなり、柔軟性や敏捷性の向上、持久力、運動能力の向上も期待でき、より高いレベルのパフォーマンスを発揮できるようになります。

神経のコントロールを使う

またPNFの原理を用いたストレッチなどでは、普通に筋肉をググっと押したりして伸ばすのではなく、神経のコントロールを使って筋肉を緩めていくので効果的です。

PNF療法3
私達の体には温度や痛み、味、匂いなど様々な情報を受けとるセンサーが備わっています。そこで感知した情報は神経を通して脳へと送られて感覚として認識されます。

その中には筋肉や腱の長さを感知するセンサーもあり、それは急激に筋肉が伸ばされたりして筋肉や腱がちぎれてしまわないように無意識の元に自動制御する働きを持っています。

例えていうなら、椅子に座って寝ている人が、頭がカクンとなった瞬間に、眠っているはずなのに首を元に戻しますよね。これは筋肉が急激に伸びた時にこれ以上伸びると危険だという信号が腱にあるセンサーから発せられることによって起こります。
 

脳からの信号をスムーズにして体の状態をよくする

当然ですが体を動かす筋肉は神経を通して脳とつながっています。この神経の伝達の流れが悪くなるとうまく体を動かす事ができません。
皮膚や筋肉、関節などを動かし、その動きの刺激を脳に与える事で、脳から発信される動きの信号の流れをスムーズに伝わる様にして関節や筋肉の状態をよくしていきます。
 

どういう症状に利用できるの?

小さい動きでも施術ができるので患者様の負担も少なく、ケガや脳梗塞の麻痺などの施術が可能です。
また体幹の筋肉を動かすのにも適していて、PNFを利用したストレッチなどを用いる事でスポーツをされる方のパフォーマンス向上にも利用できます。
PNF療法2

 

PNF療法で効果が期待できる症状

  • 脳梗塞後のリハビリ
  • 骨折後の拘縮除去
  • 頭痛
  • 肩こり
  • 五十肩
  • 腰痛
  • 腰部ヘルニア
  • 股関節痛
  • 変形性膝関節症
  • 急性の外傷(捻挫、打撲、肉離れなど)
  • スポーツ障害の回復期
  • スポーツコンディショニング

など

関節の拘縮除去、神経の伝達の回復など幅広く応用できる手技です。
色々なケースで利用できるので一度ご相談下さい。