脳梗塞の後遺症、こんなことでお困りではないですか?

  • 手が開かないので物がうまく持てない
  • ドアノブが回せない
  • 生卵が割れない
  • スリッパが履けず脱げてしまう
  • 入浴しても体を半分しか洗えない
  • ボタンが留めれず一人で着替えられない
  • リハビリは通っているが、つらくなっている背中や腰は診てもらえない
  • 不自由な姿を人に見せたくないので外に出るのが嫌になっている
  • 体が動かせない事でストレスが溜まり家族にあたってしまう

これらは私がこれまで診てきた患者様が日常でどんなことで困るかお話していたことです。
上記のような事でお悩みの方は、ぜひ最後までお読みください。

 

脳梗塞の後遺症でお悩みの方へ

私はこれまで脳梗塞の後遺症で手足をうまく動かせず、日常生活でさまざまな不便を強いられた生活を送られている方を多く見てきました。

今まで動かせていた指や腕が、ある日を境に急に動かせなくなってしまうのです。

こんなはずじゃ・・・と自尊心も傷つき、ストレスもたまってしまいますよね。

頑張ってリハビリはやっているのに以前のような生活がなかなかできない。

焦りと不安が強くなり、そんな不自由な自分が嫌になり次第に通院回数も減り、外出すらしなくなってしまう。

 
脳梗塞の後遺症治療1

どうしてこんな事が起こるのでしょうか?

入院中は毎日のようにリハビリを行うのですが、3ヶ月程して退院すると家からの通院に変わり、週に1回くらいのリハビリ頻度に減ります。6ヶ月が過ぎると「あとは自分で自宅などでやっておいて下さい。」とリハビリは事実上打ち切られてしまいます。その後は自分からリハビリ施設を探して、積極的にリハビリをおこなわなくなると次第に指や腕、足首が動かせなくなってしまう。

6ヶ月という期間で自分のイメージする姿まで回復された方はいいですが、そうはいかない方が多いのも事実です。

健康保険のルール

3ヶ月で退院6ヶ月で打ち切りというリハビリは、あなたの病状の重さ、回復力とは関係なく多くは病院側の都合、健康保険のルールで決まっています。
(健康保険でのリハビリのルールについては「リハビリはいつまでも受けられない」をご覧下さい >>

そもそも健康保険でおこなう病院のリハビリは日常最低限の生活ができればいいというものなんです。当然重度な症状だった方や高齢者の場合はそれ以上時間がかかってしまう。

病院側の目指す健康保険での「回復」の定義と、患者様がイメージする「回復してこうなりたい」という姿にギャップがあるのが問題だと思います。

私の考える脳梗塞のリハビリとは、頻度は時期で変わっていっても廃用性症候群(使わないとどんどん使えなくなる)を防ぐためにも、やり続けないといけないと思っています。

しかし健康保険の適応だけで考えていくと、そこには当然無理が生じてきます。

足をうまく動かせないので転倒したり、腕をうまく動かせないから自分一人で服も着替えられない。
腕が痒くても自分の手でかけないのです。自由に動かせない体で外に出るのが嫌になり、足腰も弱くなってくる。自宅にこもりがちになるのでストレスも溜まってくる。

長くそういう状態が続くと心も折れて、自分も家族もだんだんあきらめてしまっている。
そんな方も多いのではないでしょうか?

でも、あきらめないで下さい!

今からでもあきらめずにリハビリを頑張っておこなえば、元の状態までとは言わずとも十分回復していく可能性はあるのです。もちろんリハビリをしていなかった期間や拘縮(硬くなっている)具合によっても違いますが「あきらめない気持ち」が大切なんです。

 

さかとう整骨院の脳梗塞後遺症リハビリ

脳梗塞を発症してからの期間や、リハビリをおこなってこなかった期間によって、回復できる度合いやスピードは当然変わってきます。

当院では最初に患者様とどのくらいの事が可能になりそうか、患者様の目指す目標についてお話しをさせていただき、来院頻度や施術内容を決めていきます。

当院では手技と深層の肌肉を動かす専用の電気療法を使ったリハビリを行います。
長年動かす硬くなってしまった関節や筋肉に少しづつ刺激を加えていき、可動域を拡げていきます。

リハビリは地味で最初はほんの小さな変化から始まりますが、一つの事ができるようになってくると体って連動して色々な事ができるようになってくるのです。

 
脳梗塞の後遺症治療2
 

当院でリハビリをあきらめずにおこなった方は

  • 開かなかった指が開くようになり物がつまめるようになった
  • 治療を終えて家に帰宅するとドアノブがスムーズに回せた
  • やわらかい生卵を自分で割ることができた
  • 足が上に向かずスリッパが履けなかった方がスリッパを履いても脱げなくなった
  • お風呂に入って体を少しづつ洗えるようになった
  • 自分一人で好きな服に着替えることができるようになった
  • うつ伏せができるようになり背中や腰の施術を受ける事ができ痛みが軽減した
  • 上がらなかった腕が肩まで上がるようになって顔を洗えるようになった
  • 外に出るのが嫌でなくなり、ストレスも溜まらなくなった

なにより自分自身に自信がもてるようになり、家族に対しても優しくなって本当に明るくなっておられます。

患者様の「絶対に治りたいというあきらめない気持ち」があれば可能性はあります。
 
どうしても最初は通院できないという方は申し出て下さい。往診が可能な距離であれば、外に出れるようになるまで往診という方法もとらせていただきます。

 

これまで悔しい思いや、つらい気持ちを経験されてきたと思います。

もし少しでもお気持ちが前に向かわれましたら、その時は是非ご相談下さい。

 

脳梗塞の後遺症治療3