脳梗塞の後遺症、こんなことでお困りではないですか?

  • 手を開くことができないので物がつかめなくて困っている
  • 指を曲げる事ができないので物が持てずに困っている
  • 腕がうまく動かないので一人で着替えられない
  • つま先が床にひっかかって転倒してしまう
  • いつも同じ姿勢でしか寝れず体が硬くなってきて背中や腰が痛い
  • リハビリには通っているが、機械ばかりで自分の思うようにしてもらえない
  • 不自由な姿を人に見せたくないので外に出るのが嫌になっている
  • 体が動かせない事でストレスがたまり家族にあたってしまう

上記のような事でお悩みの方は、ぜひ最後までお読み下さい。

脳梗塞の後遺症でお悩みの方へ

私はこれまで脳梗塞の後遺症で普通の生活を送ることができずにお困りで、その症状で何年も我慢されてきた方を多く診させていただきました。

今まで動かせていた指や腕がある日を境に急に動かせなくなってしまうのです。こんなはずじゃ・・・と自尊心も傷つき、ストレスもたまってしまいますよね。
頑張ってリハビリはやってきたのに元のように生活できない。そんな不自由な自分が嫌で次第に通院も外すら出なくなってしまう。
脳梗塞の後遺症治療1

どうしてこんな事が起こるのでしょうか?

入院中は毎日のようにリハビリを行うのですが、3ヶ月程して退院すると通院になってリハビリの頻度は急に下がり、6か月もするとリハビリは事実上打ち切られてしまいます。あとは自分で自宅でやっておいて下さいと。そして自分から積極的にリハビリを行わなくなってしまうと指や腕、足首がまた動かせなくなってしまう。

6ヶ月でうまく自分のイメージする姿まで回復された方はいいですが、そうはいかない方が多いのも事実です。

健康保険のルール

そもそも3ヶ月で退院、6か月で打ち切りというリハビリはあなたの病状、回復力とは関係なく健康保険のルールで決まっています。
(健康保険でのリハビリルールについては「リハビリはいつまでも受けられない」をご覧下さい >>

健康保険でおこなう病院のリハビリは日常最低限の生活ができればそれでいいというものなんです。当然高齢者や回復度合いの遅い方などの場合はそれ以上時間がかかってしまう。
そもそも病院の目指す回復度合いと患者様がイメージする回復してこうなりたいという姿に差があるのも問題だと思います。

私は、特に高齢者の方の場合は頻度はどうあれ廃用性症候群(使わないとどんどん使えなくなる)を防ぐためにもリハビリはずっとやり続けないといけないと思っています。でも健康保険の適応だけで考えていくとそこには当然無理が生じてきます。

足首があがりにくので転倒してしまったり、腕がうまく動かせないから服も一人で着替えられない。腕が痒くても自分の手でかけないのです。自由に動かせない体で外に出るのが嫌で他の運動機能も低下してしまう。自宅にこもりきりがちになるのでストレスもたまります。

長くそういう状態が続くと心も折れてあきらめてしまっている。
そんな方も多いのではないでしょうか?
 
でもあきらめないで下さい!今からでもあきらめずにリハビリを頑張っておこなえば元の状態までとは言わずとも十分回復していく可能性はあるのです。リハビリをしていなかった期間や拘縮(硬くなっている)具合によっても異なりますがあきらめない気持ちが大切なんです。

さかとう整骨院の脳梗塞後遺症リハビリ

脳梗塞を発症してからの期間やリハビリをおこなってこなかった期間によって、回復できる度合いやスピードは当然変わってきます。最初に患者様とどのくらいの事が可能になりそうか、患者様の目指す目標についてお話しをさせていただき、来院頻度や施術内容を決めていきます。
リハビリは地味で最初はほんの小さな変化から始まりますが、一つの事ができるようになってくると体って連動して色々な事ができるようになってくるのです。
脳梗塞の後遺症治療2

当院でリハビリをあきらめずにおこなった方は

  • 開かなかった指が開くようになって物がつまめるようになった
  • 曲がらなかった指が曲がるようになって物が持てるようになった
  • つまづきやすくてサンダルしか履けなかったのが靴を履けるようになった
  • うつ伏せができるようになり背中や腰の施術を受けることができ痛みが軽減した
  • 上がらなかった腕が肩まで上がるようになって顔を洗えるようになった
  • 自分の両腕で体を支える事ができるようになり立ち上がりの動作が楽になった
  • 外出できるようになり楽しくなってストレスがなくなった

なにより自分自身に自信がもてるようになり、家族に対しても優しくなって本当に明るくなっておられます。

小さなきっかけと、患者様の絶対に治りたいというあきらめない気持ちがあれば可能性はあります。

どうしても最初は通院できないという方は申し出て下さい。往診が可能な距離であれば、外に出れるようになるまで往診という方法もとらせていただきます。
ご家族や知人で同じような悩みを持って不便な生活を送られている方も多いと思います。
何とかしたいとお考えの方は是非一度ご相談下さい。

脳梗塞の後遺症治療3